カートに入っている商品

商品がありません。

注文数量 : 0点 / 合計(税込) : 0円

数量の変更・商品の削除はカートで行えます。

敏感肌の
正しいお手入れとは

ディセンシアのお手入れ
敏感肌はほんの些細な刺激でも、影響を受けてしまう繊細な肌です。
一方で、敏感肌は繊細だからこそ、より美しく輝くことができます。
まずは正しいお手入れの方法を知ることで、日頃のスキンケアを見直し、一層輝く美しい肌を手に入れましょう。

敏感肌は「手」を使ってお手入れを

敏感肌は「手」を使ってお手入れを

まず、敏感肌のスキンケアにおいて大切なのは、ご自身の「手」を使ってスキンケアをすることです。手で敏感肌をいたわるようにお手入れすることで、肌は確実に変わっていきます。
敏感肌ケアに最も適した道具、それがあなた自身の「手」なのです。
その理由は3つあります。

① 毎日ご自身の肌に触れることで、肌の小さな変化にも気づくことができます。
② 化粧品を手のひらで温めることで、浸透力がアップし、スキンケア効果が高まります。
③ 手のひらや指を使うことで、顔全体にムラなく化粧品を広げることができます。

敏感肌は「手」を使ってお手入れを

また、敏感肌は肌表面の角層が乱れているため、刺激を感じやすい状態です。
そのため、コットンの繊維や、必要以上にゴシゴシとこするなどの『摩擦』を与えてしまうことは敏感肌の悪化の原因にも。

「手」をつかって、肌をやさしくいたわりながらお手入れをするだけでも、肌は確実に変わっていくでしょう。

敏感肌のお手入れに大切なこと

さらに「スキンケアの効果が、いまいち感じられない…」とお悩みの方は、「お手入れステップ」「ご使用方法」「使用量」などを改めて見直してみましょう。

  • 正しい「お手入れステップ」で
    化粧品を使っているか?
    化粧品のお手入れステップが間違っていると、美容成分の浸透が悪くなったり、効果を十分に発揮することができません。
  • 正しい「使用方法」で
    お手入れをしているか?
    肌に乗せる前に、手のひらで伸ばし、温めるなど、使い方のコツを押さえることでお手入れの効果はアップします。ご使用方法をもう一度見直してみましょう。
  • 正しい「使用量」を
    守っているか?
    使用量は化粧品の効果が最も発揮されるように設計されています。少なすぎたり、多すぎていないかを確認してみましょう。※ただし、使用量通りに使っていても乾燥を感じる場合は、ご自身の肌の状態に応じてご調整ください。
読み込み中