DECENCIA(ディセンシア)公式サイト

ディセンシーのご使用方法

立体角層※1へ導き、うるおいも、美白※2も、エイジングケア※3も多角的にサポートする、ディセンシア最高峰※4シリーズ

※1 角層内で、脂質と水分が交互に組み立てられている状態の事 / ※2 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと / ※3 年齢に応じたケア / ※4 当社比

ディセンシーの詳細はこちら

敏感肌のお手入れのポイント

「手のひら」から始まるスキンケア

「手のひら」から始まるスキンケア

日々の肌の変化を感じ取ることができるだけでなく、スキンケアは手のひらの温度で少し温められることで、浸透がぐんと高まります。

「適量」も処方のひとつ

「適量」も処方のひとつ

あなたのなりたい肌を叶える鍵は、商品ごとに定められた「適量」。敏感肌を科学し、ミリ単位で設計された「適量」には、効果を約束できる理由とロジックが込められています。

満たす
ディセンシー ローション

使用量の目安:2~3プッシュ

  1. 1プッシュを手のひら全体で温めた後、内側から外側に向かって顔全体にやさしくなじませます。(図1)
  2. さらに同量を手にとり、顔全体になじませた後、手のひら全体を使って頬をハンドプレスし、しっかりと浸透させます。(図2)
  3. 乾燥しやすい部分には丁寧に重ねづけをしてください。

※シミ・ソバカスが気になる部分には、やさしくなじませてください。
※首もとをケアする際には、1プッシュをとりフェイスラインから耳の下を通り、鎖骨まで伸ばします。

  • お手入れ方法(図1)
  • お手入れ方法(図2)
育む

ディセンシー デイエッセンス

敏感肌用日中用美容液
ディセンシー デイエッセンス

使用量の目安:2~3プッシュ

  1. 1プッシュを手のひら全体で温めた後、内側から外側に向かって顔全体にやさしくなじませます。(図1)
  2. さらに同量を手にとり、顔全体になじませた後、中指をほうれい線に添えて、やさしく引き上げます。(図2)
  3. 手のひら全体を使って頬を引き上げるようにハンドプレスし、しっかりと浸透させます。(図3)

※シミ・ソバカスが気になる部分には、やさしくなじませてください。
※肌の状態に合わせて、使用量を調整してください。
※首もとをケアする際には、1プッシュをとりフェイスラインから耳の下を通り、鎖骨まで伸ばします。

  • お手入れ方法(図1)
  • お手入れ方法(図2)
  • お手入れ方法(図3)

ディセンシー エッセンス

敏感肌用夜用美容液
ディセンシー エッセンス

使用量の目安:2~3プッシュ

  1. 1プッシュを手のひら全体で温めた後、内側から外側に向かって顔全体にやさしくなじませます。(図1)
  2. さらに同量を手にとり、顔全体になじませた後、中指をほうれい線に添えて、やさしく引き上げます。(図2)
  3. 手のひら全体を使って頬を引き上げるようにハンドプレスし、しっかりと浸透させます。(図3)

※シミ・ソバカスが気になる部分には、やさしくなじませてください。
※白く残る場合は、両手で顔全体を包みこむようになじませてください。
※肌の状態に合わせて、使用量を調整してください。
※首もとをケアする際には、1プッシュをとりフェイスラインから耳の下を通り、鎖骨まで伸ばします。

  • お手入れ方法(図1)
  • お手入れ方法(図2)
  • お手入れ方法(図3)
高める

ディセンシー クリーム

敏感肌用クリーム
ディセンシー クリーム

使用量の目安:大きめの真珠1粒くらい

  1. 大きめの真珠1粒くらいを手のひら全体で温めた後、内側から外側に向かって顔全体にやさしくなじませます。(図1)
  2. 手のひら全体を使って頬をハンドプレスし、しっかりと浸透させます。(図2)

※シミ・ソバカスが気になる部分には、やさしくなじませてください。
※首もとをケアする際には、フェイスラインから耳の下を通り、鎖骨まで伸ばします。

  • お手入れ方法(図1)
  • お手入れ方法(図2)
読み込み中