カートに入っている商品

商品がありません。

注文数量 : 0点 / 合計(税込) : 0円

数量の変更・商品の削除はカートで行えます。

敏感肌のメカニズム

SCIENCE

2017.03.21

敏感肌のサインを察知して

敏感肌のサインを察知して

季節の変わり目や仕事のストレスなどで肌が荒れる。そんな経験はありませんか?
以下の項目に1つでも当てはまる場合、それは敏感肌の症状によるものかもしれません。

☑人間関係や仕事など、ストレスでニキビができる。
☑月経前は肌の調子が悪くなる。
☑季節の変わり目には肌が荒れる。
☑髪の毛や洋服が肌にあたって、かゆくなる。
☑化粧品を変えると肌にしみたり、赤くなる。

敏感肌とは

敏感肌とは 敏感肌とは、角層が乱れた状態のこと。角層は、皮膚の最上部にあり、肌内部の水分が外に逃げないように防ぐフタの役割をすると同時に、外部刺激から肌を守るバリアの役割も担っています。
その角層が、乾燥や紫外線、ほこりといった外部刺激、または心理的ストレスや体調の変化など、様々な要因によって角層が乱れ、肌本来のバリア機能が低下した状態になり、敏感肌を招くのです。

敏感肌の負のスパイラル

敏感肌の負のスパイラル 肌本来の機能が発揮できない敏感肌は、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れ、細胞が未熟なまま角層に。未熟な角層は並びが不規則で、角層と角層の間に隙間ができてしまいます。
この隙間から外部刺激が侵入し、同時に肌内部の水分も蒸散してしまうことが、敏感肌から抜け出せなくなる負の連鎖「敏感肌の負のスパイラル」を繰り返す原因となるのです。

それでは、「敏感肌の負のスパイラル」を断ち切るには、なにが必要なのでしょう。
詳しくは、コラム「敏感肌に必要なもの」をお読みください。

読み込み中