DECENCIA(ディセンシア)公式サイト

フレンチシェフ 秋元さくらさんの「ディセンシーな生き方」

LIFE STYLE

2019.02.20

美しき人生観 Decency Life
フランス家庭料理レストラン
「モルソー」オーナーシェフ 秋元さくらさん

INTERVIEW 2019.2.20

フレンチシェフ 秋元さくらさんの「ディセンシーな生き方」

秋元さくらさん顔写真

秋元さくら
フランス家庭料理レストラン「モルソー」オーナーシェフ

1980年、福井県生まれ。
大学卒業後、航空会社で客室乗務員として4年間働いたのち、「食で人を喜ばせたい」との思いから料理人に転身。調理師学校を卒業後、新宿「モンドカフェ」、後に白金「オー・ギャマン・ド・トキオ」で木下威征シェフに師事する。2年半の修行を経て2009年に自身のオーナー店「モルソー」を目黒にオープン。2018年3月より東京ミッドタウン日比谷に移転。

ありのままの自分を認め、この先も進化できるように小さな成長を重ねたい。

キッチン遠景 目黒でフランスの家庭料理のお店を始めたときから、気がつけばもう10年。料理人になる前は、こんな毎日になるとは全く想像していませんでした。客室乗務員を辞めて違った分野に飛び込むと決めたとき、それ相応の覚悟は決めていましたが……こんなに大変で、こんなに目まぐるしくて、こんなに楽しいなんて。その充実感は、まさに想像以上でした。

大切なお客さまからいただいた絵を入り口に フレンチというとかしこまってしまう方も多いと思うのですが、私はもっと気軽に楽しめる“日常”を提供したいと思って店づくりをしてきました。でも、続けているうちに日常どころか、お客さまの“人生”に深く関わっていることを実感しています。ご高齢のお客さまが誕生日に島根県からわざわざ足を運んでくださったり、常連さんのお孫ちゃんのバースデーパーティを開いたり。私の目の前で、バラの花束を持って(そこにダイヤの指輪を隠して!)プロポーズをされたお客さまもいらっしゃいました。それは、10年間ひたむきに続けてきたからこそ、立ち会うことができた幸せな瞬間だと思っていますね。
【写真:大切なお客さまからいただいた絵をお店の入口に】

店内遠景 そんな中で、お客さまにかけていただいた、忘れられない言葉があります。「ぶれなくて安心感があるのに、前よりすごく進化しているね」と。 それは私にとって、最高の褒め言葉。私は「継続、それすなわち脱落」という言葉をモットーに、日々、同じことの繰り返しにならないよう仕事と向き合ってきたからです。 味つけはこうしよう、じゃがいもの種類を変えてみようなど……毎日、ちょっとずつ工夫をする。大きな変化じゃなくていいから、1日1日小さな成長を重ねていくことで、1年後にもっと進化した自分になれると、信じているんです。

歳を重ねたからこそ、これが私だと認められる

スタッフを囲んで 「料理でお客さまを笑顔にしたい」という想いでお店を始めたこともあって、スタッフやお客さまの前では笑顔でいることを意識しています。明るい人の側にいると、元気になるような気がしませんか。前向きなパワーって連鎖するから、仕事中はいつも明るく、ぶれないようにしていたいんです。
【写真:「お店はチーム、スタッフは家族。私はお母さんの気分」と秋元さん。】

「モルソー」オーナーシェフ 秋元さくらさん とはいっても、家に帰って妻や母に戻ると、落ち込むときもありますよ。娘におかずを作り置きしたいのに、思うように動けないときとか。そんなときは、仕事のパートナーでもある夫に、不安な気持ちを吐露します。話しながら弱い自分を認め、素直な気持ちと向き合う。すると感情のスイッチが切り替わり、次の日には前向きになれたりするんですよね。

それに最近では、母である自分はもっと力を抜いていいんだと思えるようになりました。娘に作る食事は「しょっぱかったよね、ごめーん」ってことも(笑)。でも、店のように完璧でなくても、それが娘にとっての母の味。だって、私の母の料理もそうでしたから。
数年前なら、他人からの見え方を気にしたり、こうじゃなきゃと自分自身で決めつけていた部分があったかもしれません。でも、歳を重ねて、母という新しい自分と出会って、“これが私なんだ”と認められるようになりました。仕事に対してストイックな自分も、家族に対して甘えている自分も、どちらも私。そんな風に客観的に見られることも、成長している証なのかなって思います。

キッチン遠景 ありのままの自分を認められたからこそ、この先どうなっていきたいかも見えてきました。育児が落ち着いたら、本場のフランスにあらためて修行に行きたい。上手に力を抜くことを覚えた分、仕事では120%以上の力を発揮できるようにする。これが、私なりのバランスの取り方、人生を前向きに進むための秘訣なのかもしれません。

Another side
秋元さくらさんのアナザーサイド

秋元さくらさんのアナザーサイド (左)パリのワイナリーを視察。年代もののぶどうに感動!
(中央)新鮮な鮎だと、野菜のようなフレッシュな香りがすることにびっくり!
(右)夫婦の思い出の地に、娘と一緒に旅行!

パリのワイナリーを視察。年代もののぶどうに感動
パリのワイナリーを視察。年代もののぶどうに感動! 新鮮な鮎だと、野菜のようなフレッシュな香りがすることにびっくり!
新鮮な鮎だと、野菜のようなフレッシュな香りがすることにびっくり! 夫婦の思い出の地に、娘と一緒に旅行。
夫婦の思い出の地に、娘と一緒に旅行!

Question&Answer
秋元さくらさんへの一問一答

Q:一言でいうとどんな人?
A:元気!

Q:休日の過ごし方は?
A:朝から激しく娘と遊びまくる

Q:やってみたいことは?
A:トライアスロン
  身体を動かすと元気が出るので、いつか挑戦してみたいです!

Q:座右の銘は?
A:【笑う門には福来る】
  裏の座右の銘が「継続、それすなわち脱落」なんです!

Q:家族に評判のメニューは?
A:ソース焼きそば
  すごい庶民的な、いわゆる屋台の焼きそばみたいな感じでしょうか(笑)

Q:自分を動物に例えると?
A:トムとジェリーの「ジェリー」。
  すばしっこくていたずら好き(笑)。でもトムのことを愛していて愛嬌があるところに共感しています!

読み込み中