DECENCIA(ディセンシア)公式サイト

DECENCIAのサイエンス

敏感肌の「シミ」メカニズム

肌悩みのひとつとして挙げられやすい「シミ」。
ディセンシアはそのメカニズムを解き明かし、
敏感肌の「シミ」に挑み続けます。

1シミの原因が炎症ってホント?!

実は、シミは炎症により増加することをご存知ですか?
紫外線などの外部刺激を受けると、肌内部に炎症が起こります。
それによりメラニン生成工場である「メラノサイト」が活性化して、シミのもととなる「メラニン」をつくりだします。
通常「メラニン」はターンオーバーによって排出されますが、乾燥などで肌サイクルが乱れると排出されず蓄積し、シミとなってしまうのです。

敏感肌はシミができやすい?

バリア機能の低い敏感肌は、紫外線のほかにも花粉・PM2.5などの外部刺激や、お手入れ時の摩擦の影響を受けやすく、肌内部では繰り返し炎症が起こっています。
そのため過剰なメラニンが生成され、敏感肌のシミやくすみ悩みは深まる傾向にあります。

「メラニン」と「メラノサイト」って、なに?

「メラニン」と「メラノサイト」って、なに?

よく耳にする「メラニン」とは、シミのもとになる色素のこと。
本来は体の防御機能のひとつで、紫外線から肌トラブルを防ぐ役割があります。
その「メラニン」をつくりだすのが「メラノサイト」と呼ばれる細胞
この細胞は、外部刺激がきっかけで活性化し、「メラニン」を過剰につくりだしてしまうことも。
この状態が続くと、シミとなってしまうのです。

ダメージ1
活性酸素により炎症が起き、メラノサイトを刺激
ダメージ2
メラノサイト内のメラニン生成が加速化
ダメージ3
酸化によりメラニンが黒化し、シミとなる

2シミ部分の肌は硬い

シミ部分の角層は、何層もギュッと密着し、硬くなっている状態。
それによって、美白※1成分の浸透※2が阻まれてしまうのです。

シミ部分の肌は硬い

シミには角層ケアを

シミをケアするには、まずは角層をやわらかくすることが重要です。
化粧液やクリームでたっぷり保湿したり、角層をやわらかくする成分※3配合の化粧品がおすすめ。
美白※1有効成分の通り道を確保して、浸透※2力を高めましょう。

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと / ※2 角層まで / ※3 ワイルドタイムエキスなど

3シミを防ぐための対策

シミを防ぐためには、《バリア》《ケア》2つの対策が有効です。

《バリアする》 外部刺激から肌を守る

バリア機能が低く刺激を受けやすい敏感肌は、紫外線以外にも、PM2.5や花粉といった大気汚染もシミの原因になります。
肌表面をラッピングし、バリア膜をつくるクリームを使うことで、花粉やPM2.5などの刺激を物理的にブロックできます。

「花粉対策」をもっと詳しく

《ケアする》 外側からスキンケア

美白成分の入った医薬部外品でお手入れ。
「医薬部外品」や「薬用」と記された製品の中で「美白※1」の効果を持つものはシミを防ぐ効果が期待できます。
シミには「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ効果がある」と認められたアルブチンやビタミンC誘導体などの美白※1成分が配合されたアイテムを使うと良いでしょう。

保湿がとても大切。
透明感のある肌を目指すには、肌荒れを防ぎ、できるだけ健やかな肌状態を保つことが大切です。
日々のうるおいケアを欠かさず行いましょう。

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと

《ケアする》 内側からインナーケア

食生活でも美白を意識。
メラニンの生成を抑える「ビタミンC」や、抗酸化作用を高めてビタミンCの働きを助ける「カロチノイド」「ビタミンE」「ビタミンP」を積極的にとりましょう。

おすすめの食材:
みかん(ビタミンC)、にんじん(カロテノイド)、かぼちゃ(ビタミンE)、あんず(ビタミンP)

世界大会で最優秀賞を受賞したポーラR&M研究所のチカラ。

ディセンシアの品質を支えるポーラR&M研究所の知見は、世界でも高い評価を得ています
化粧品のオリンピックとも呼ばれる「IFSCC国際学術大会」で過去に何度も最優秀賞を受賞
先端の研究力が、高い信頼性と効果実感を支えています。

商品を探す
読み込み中