カートに入っている商品

商品がありません。

注文数量 : 0点 / 合計(税込) : 0円

数量の変更・商品の削除はカートで行えます。

旅先・帰省先で感じる肌不調の原因

LIFE STYLE

2017.12.28

旅先・帰省先での肌不調はスキンケアが原因!?

旅先・帰省先で感じる肌不調の原因

年末年始の休暇。旅行へ行ったり実家へ帰省したりと、数日間自宅を離れゆっくりと過ごす方も多いのではないでしょうか。しかし、ゆっくりとリフレッシュしているはずなのに、肌が荒れてしまった。というご経験、ありませんか?
それは、旅先や帰省先で、いつも通りのスキンケアができていないことが原因の1つになっているかもしれません。

約半数の女性が、いつもと違うスキンケア品を使用

年末年始を自宅以外で過ごす、という20~40代の女性240名に年末年始の肌の調子についてアンケートを実施したところ、約9割の女性が旅先や帰省先からの帰宅後、「肌の調子が悪い」と感じている事が分かりました。
そして、その肌の不調を実感している女性のうち約半数が、普段のスキンケアと異なるサンプル品や、旅先・帰省先にあるスキンケア品で代用していたのです。(※ディセンシア調べ)
加えて、移動での疲れや寒さによる肌の冷えも重なり、肌が弱りやすい状態になっていることから、バリア機能の低下や乾燥による肌トラブルを招きやすい状態になっていることも肌の調子を悪く感じさせる原因の1つになっています。

Tips: 旅先でよくある肌や体調トラブルの対処法

旅先でよくある肌や体調トラブルの対処法

旅先や帰省先で楽しく過ごした後は、肌もきれいな状態にあることが理想ですよね。
そのためにも、肌や体調のトラブルを起こしてしまった後の、対処法を知っておきましょう。

<トラブル1>リゾート地などで紫外線を多く浴びてしまった

リゾート地などの暖かく、日差しの強い地域では、紫外線対策のため、UVケアや美白ケアをする方は多いですが、紫外線(UV-A波)は角層の奥の真皮まで影響し、コラーゲンが破壊されることがあります。
紫外線を浴びすぎた日は、美白ケアに加え、エイジングケアもしっかり行いましょう。

◆おすすめアイテム:ディセンシー エッセンス
ディセンシー エッセンスは、敏感肌対応でありながら、エイジングケア・美白ケア・保湿ケアまで可能にし、現代女性の肌悩みの原因である睡眠不足による肌荒れケア・ストレスによる肌荒れケアも1品で叶えます。

<トラブル2>海外での時差ボケで体調不良に

時差ボケは普段の生活のリズムが崩れ、自律神経が乱れることで起こります。
旅先から帰宅し生活のリズムが戻っても、肌や体の不調を感じる場合は、副交感神経が働いていないことが原因かもしれません。
そんな時は、梅干しなどの酸っぱいものを摂取することで副交換神経が優位に働きます。それと同時に、体を温め、血流がよくなることでリラックス効果も期待できます。

旅先や帰省先に滞在中の生活を見直し、健やかな肌で新たな1年を迎えましょう。

読み込み中