カートに入っている商品

商品がありません。

注文数量 : 0点 / 合計(税込) : 0円

数量の変更・商品の削除はカートで行えます。

秋のゆらぎ肌診断

BEAUTY TIPS

2017.10.04

チェックリストで肌のゆらぎ度を診断

チェックリストで肌のゆらぎ度を診断

秋は、肌不調を実感しやすくなる季節。
以下のチェックリストで、1つでも気になる項目がある方は、すでにゆらぎ肌になっているかもしれません。

☑乾燥      ☑ゴワつき
☑痒み      ☑くすみ
☑赤み      ☑ピリつき
☑毛穴の目立ち  ☑ニキビ・吹き出物
☑スキンケア品の浸透が悪い

秋のゆらぎ肌は、9月を境目に急下降する気温と湿度が原因

夏に浴びた紫外線の影響から、バリア機能が低下している肌に、更に追い打ちをかけるのが9月~10月にかけて一気に急降下する気温と湿度からくる乾燥。それに加え、秋に発生する花粉・チリやほこりなどの外部刺激の影響もあり、秋は肌がゆらぎやすいのです。
そのまま、肌のゆらぎ状態が続いてしまうと、バリア機能の修復ができずに敏感肌になってしまうこともあります。

Tips: 秋のゆらぎ肌は、クリームによるバリア機能の立て直しで改善

Tips: 秋のゆらぎ肌は、クリームによるバリア機能の立て直しで改善

肌がゆらぐ前に、まずは早急に夏に蓄積した肌のダメージを修復し、バリア機能を立て直すケアが必要です。同時に、保湿効果の高いスキンケアに切り替えることを心がけましょう。

ゆらぎ肌のお手入れポイント

① クリームでバリア機能を立て直す
うるおいを閉じこめ、外部刺激から肌を保護する役割を果たすクリームは年中必須。お手入れの最後に必ず取り入れましょう。

② スキンケア品の切り替えはクリームから
スキンケア品を切り替える場合は、一度に全てのスキンケアを切り替えてしまうのは危険です。急な変更で刺激を感じてしまう可能性もあるので、最後に使用するお手入れアイテムのクリームから順に切り替えましょう。

ディセンシアのクリームには全シリーズ、外部刺激から肌を守る独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」が採用され、エイジングケアには「アヤナス コンセントレートシリーズ」、美白ケアには「サエルシリーズ」、保湿ケアには「つつむシリーズ」と、その時々のお悩みによって使い分ける事が可能です。

また夏から秋の、急な気温の変化によって、自律神経のバランスが乱れることが、肌のゆらぎや体調不良の原因となってしまうこともあります。

Tips: 秋のゆらぎ肌は、クリームによるバリア機能の立て直しで改善

特に夏の疲れが溜まっている身体は、交感神経が優位に働いてしまい、全身が緊張した状態になりがち。
香りを楽しむことのできるハンドクリームで、手の爪の付け根を指で押してハンドマッサージしてあげることで血流が促進されリラックス効果が高まります。更には、梅干しや酢・シソなど適量摂取することで、消化器官の働きを活性化させるとともに、副交感神経を優位に働かせるため、身体をリラックス状態にしてくれます。

スキンケアと、日常のストレスを溜めない生活の両軸から、ゆらぎに負けない肌作りを心がけましょう。

読み込み中