カートに入っている商品

商品がありません。

注文数量 : 0点 / 合計(税込) : 0円

数量の変更・商品の削除はカートで行えます。

乾燥肌を進行させる、お酒の飲みすぎに要注意

LIFE STYLE

2017.07.01

お酒の飲みすぎによる乾燥は、ビタミンAの減少が原因

お酒の飲みすぎによる乾燥は、ビタミンAの減少が原因

お酒を多く摂取した翌日、なんだか肌が乾燥すると感じたことはありませんか?
実は、お酒を飲みすぎた場合、肝臓に蓄積されるビタミンAが減少し、皮膚の抵抗力を強化する働きが弱まります。
これが原因で、乾燥による肌トラブルが起こりやすくなり、乾燥肌を進行させてしまうのです。百薬の長とも言われるお酒ですが、飲みすぎには注意が必要です。

Tips: お酒を飲みすぎた日は、アフターケアをしっかりと

Tips: お酒を飲みすぎた日は、アフターケアをしっかりと

お酒を飲みすぎてしまった後でも、アフターケアで肌ダメージを挽回しましょう。

食事編

翌日の朝食には、バターやチーズ、卵黄など、お酒によって失われたビタミンAが豊富に含まれている食材の摂取を心がけましょう。

スキンケア編

お手入れの最後に保湿力の高いクリームを必ず使用しましょう。その際、手のひらを温め、頬を両手で包みこむことで、美容成分の浸透率アップにつながります。

独自特許技術のヴァイタサイクルヴェール®を採用したアヤナス クリーム コンセントレートは、疑似的な角層バリア膜を形成し、肌にうるおいを閉じこめ、乾燥から守ります。

読み込み中