DECENCIA(ディセンシア)公式サイト

敏感肌対策:敏感肌に必要なもの

SCIENCE

2017.03.27

敏感肌の根本的な原因にアプローチする

コラム「敏感肌とは:敏感肌のメカニズム」では、敏感肌の原因をご説明しました。 肌のバリア機能が低下している敏感肌が、肌本来の機能を取り戻すには、繰り返す敏感肌を原因から断ち切ることが重要。
ただ保湿するだけでは、水分を保てず敏感状態の悪循環が続くことになりかねません。

敏感肌に必要なこと

敏感肌に必要なこと 重要なのは、保湿に加えて本来角層が持つバリア機能を高め、外部刺激や水分蒸散から肌を守ること。
まずは、未熟な角層細胞を成熟させ、肌本来の力を取り戻すことが必要です。
バリア機能が高まることで、「外部刺激をブロック」→「うるおいを与える」→「未熟な角層を育てる」→「ターンオーバーの正常化」→「角層が成熟」という好循環が生まれ、負のスパイラルを断ち切ることができるのです。

Tips: 敏感肌を「包む」という新発想

肌本来がもつバリア機能が低下した敏感肌には、外部刺激から守る力(保護力)と、うるおいを保つ力(保湿力)が必要です。
そこで、ディセンシアの敏感肌研究の中で生まれたのが、肌を「包む」という方法。肌を保護膜でラップすることで、外部刺激から守り、同時に肌の内側からうるおいを逃がしません。
この、「保護」と「保湿」を同時に行う肌へのアプローチ方法が、ディセンシア独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」。ディセンシア商品の全てのクリームにこの特許技術を採用しています。

ディセンシア独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」の詳しい説明は、コラム「特許応用技術ヴァイタサイクルヴェール®を研究員が語る」をご覧ください。

読み込み中