敏感肌・乾燥肌のスキンケアブランド decencia

HOME >> ディセンシアについて >> 美しさへ導く主要成分

ディセンシアについて 美しさへ導く主要成分

ヒト型ナノセラミド

ディセンシアが採用したのは、人体と全く同じ構造を持つナノサイズの「ヒト型セラミド」。これを細胞間脂質の構造と同じラメラ構造に配列することで、高い浸透力を実現しました。浸透するうちにほぐれ、不足し乱れたセラミドの配列にまるでパズルのようにぴったりと適合。角層のすみずみまで潤し、肌の保水機能をサポートします。

ヒト型ナノセラミド(イメージ)

ベントナイト

ベントナイト(イメージ) ディセンシアのクリームを形作っているのが、大自然から採れる鉱物ベントナイト。 板状構造で肌に密着するヴェールとなり外部刺激をブロックします。
このベントナイトに有効成分を配合することでバリア機能と保湿効果を高め、 使い続けることで肌荒れの繰り返しに歯止めをかけます。

アミノコンプレックス

アミノコンプレックス(イメージ) 乾燥した肌が不足しがちなNMF(天然保湿因子)の約40%を占めるアミノ酸。 ディセンシアでは、肌に無数にあるアミノ酸の中から、
特に必要な5種類(リシンHCl、アルギニン、セリン、グリシン、アラニン)を厳選し、 複合化したアミノコンプレックスを配合しています。
これにより、デリケートで乾燥した角層細胞のひとつひとつをしっかりとした潤いで満たします。 

コウキエキス

コウキエキス(イメージ) 中国の南部に自生するクルミ科の植物であるコウキ葉から抽出されたエキス。
主にお茶として注目され、葉を加熱し乾燥させると甘くなるため、中国では甘茶と呼ばれ、解熱、解毒、鎮痛、健胃、肥満に効果があるとされています。

敏感肌特有の「肌ゆらぎ」は敏感肌特有の肌内部で繰り返される微弱炎症が原因。
コウキエキスはその肌ゆらぎの原因となる微弱炎症を抑え、美容成分の効きやすい肌へ導きます。

CVアルギネート

CVアルギネート(イメージ) 海藻より採取された粘度成分を原料とし、ポーラ研究所オリジナル処方にて開発。
高いコラーゲン産生効果を確認しており、肌深部へ働きかけ、肌がコラーゲンを生み出す力をサポートします。

コラーゲンは肌のハリ・弾力を司る大切な成分。
コラーゲンを増やすことでエイジングケア効果を高め、強く美しい肌を育みます。

肌を刺激するものは入れない

効果的に肌を美しくすることを、なにより優先したいから。ディセンシアは香料など肌を刺激する成分は使用せず、
安全で美しさを追求した魅力的な製品づくりを続けています。

アルコール・香料不使用
アルコールを使用すればより感触がよく、香料は気分を癒す効果もありますが、敏感肌の方にとっては反応がでやすい成分でもあります。どなたにも安心してお使いいただけるよう、アルコール・香料は使用しておりません。
紫外線吸収剤不使用
日焼け止め効果を発揮する紫外線吸収剤は、紫外線を吸収するときに起こる化学反応が敏感肌にとって負担になる事があります。そこで紫外線を反射・散乱させて、肌に入り込むのを防ぐ紫外線散乱剤を採用しています。 


>> 成分一覧はこちら(pdf)

>> アヤナス ノムビューティプラスの成分についてはこちら
  • ブランドヒストリー
  • 美しさへ導く主要成分
  • ディセンシアの特許技術
  • 品質という誇り

▲ページトップへ